favorites of vvhqe8 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of vvhqe8all replies to vvhqe8favorites of vvhqe8

Re: http://zig5z7.sa.yona.la/2234

>変態だー!!!!

返信
wesfdqvz


zig5z7さんのことは『sa.yona.laのツッコミ担当』だと思っているので。

ネタ出し&レスポンスの引き出しの多さ、的確さに感服する次第です。

たまに脳内ブックマークがどうなっているか、ロボトミーしてみたくなるのはないしょのつぼみ。


ふたばでやれって言われそうな気がしてきた。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

休日に家でごろごろしていたら携帯へ着信。表示されているのは見たことの無い 電話番号。とりあえず出てみた。

返信

「どーもーッ!くぁwせdrftgyふじこlp(聞き取れない)の○○ですぅ!ごぶさたしてま~すッ!」

「!?(誰!?つか、何言ってるかわからねぇ (;゙゚'ω゚'):) すみません、あの、聞き取れなかったんでもう一度お名前を・・・」

「くぁwせdrftgyふじこlp(やっぱり聞き取れない)の○○ですぅ!どーも~ッ!お元気でしたかぁッ!?」

「す、すみません、あの、どちらにおかけになっていらっしゃいますか?」

「えー、●●さんですよね?」

「いえ、全然違います」

「あ・・・・ドウモスミマセンデシタ ....」(プー、プー)


こっちはね、正直あまりのゴリ押ししゃべりに寿命が縮まったよ。本当に何事かと。

少なくともかけ間違えるってことは、メモリから呼び出したんじゃなくて番号を手打ちしたってことだよな?

普通、そういう場合って、「●●さんのお電話で間違いありませんか?」って確認しないか?

自分は社会人で、電話も仕事の一環だからビジネスマナーとして当然のことだと思ってるけど。

非常識にも程があるだろ。マジで俺の寿命返せ。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: やだなにこのひときもちわるい…(保坂

幾代餅のエピソードだけ覚えてる>おゆい

返信

なぜ後藤(弱)さんには落語の仕事が回ってくるのか。

正直これっぽちも落語向けな声ではないと思うんですが・・・不思議。


しばらく考えていたんですが、ようやくわかりました。魔法少女の映画。

日曜朝のアレは、かつて『おジャ魔女どれみ』の頃、わりと観てました。

サトジュンがガチで泣かせにかかってくるねん、日曜の朝からw

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

二日続けて映画観てきた。

返信

(1)【伏 ー鉄砲娘の捕物帳ー】観てきた。


劇場が限られるので錦糸町に始めて行ったんですが、駅前の大車輪ウンコオブジェ、なんなんですか、あれ?


さておき、とても良かったです。久しぶりに『当たり感』がしました。

幕末期の江戸が舞台ですが、時代考証はあえて緩く、架空の世界として物語は描かれます。

伏と呼ばれる半人半獣を狩ることへの背徳感、吉原の陰惨な部分などを描きつつも、

あえてそれらを執拗に突き詰めず、物語としての軽快感や疾走感を脚本・映像の双方で重視し、

結果、主人公『浜路』の爽快な成長活劇に仕上がっているのが良かったです。

非常にテンポよくストーリーが進んでゆくので、時間が過ぎるのがあっという間でした。

見所は、少年のような田舎娘が女性としての自意識に目覚める過程。そこを楽しむアニメ。

団地妻さんの鼻にかかった声質も、ヒロイン浜路にピッタリで良かったです。

滝沢馬琴の役で歌丸師匠が出演されているのですが、非常にしっくりとした演技でびっくりしました。

考えてみれば落語家さんといのは常に噺の中でなんらかの登場人物を演じているわけで、

元来、ある種の声優であるのかもしれません。


(2)【ねらわれた学園】観てきた。


そしてですね、こちらもまた良かったです。二発続けて当たるとは思わなかった。

細田守監督の『時かけ』同様、原作小説の数十年後を舞台に映像化された作品です。

(魔女おばさん同様、原作主人公の耕児が同じ立ち位置で登場します。)

江ノ島近辺が舞台。またか、また鎌倉〜江ノ島ラインか。愛され過ぎだろう...

実のところ、脚本の『SFとしての部分』は若干説明不足な感が否めません。

(特にケンジとナツキの、幼少期における生存・死亡の由来とパラドクスとか。)

ただ、その肝心な部分がどうでもいいくらいに、キュンキュンする中学生の恋愛物語が展開されます。

特に、花澤さん演じる春河さんというキャラクターの、思い人の京極君を見つめる、潤む眼差しが

もう、うっとりぽわ〜んとして、頬を赤らめて、何ともいえない溢れ出るエロス。萌えアニメだろ、これ。

あとおじさん、AKBには興味は無いけど今回の映画で渡辺麻友って子の名前は覚えたわ。まゆゆな。


二つの映画で共通していたのは、キャラクターが非常に良くに動きまわる点と、背景の見事な美しさ。

どちらも劇場アニメならではの贅沢なクオリティーでした。満腹。パケでたらどっちもポチります。


小野D演じる京極がピアノを演奏するシーンで、脳内で保坂のカレーの歌が再生されたのは内緒です。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: スーパーホワイト — 驚愕!新庄の歯の白さは#FFFFFFだった! - bksが止まらない

自分には無理なので、ゾロ目を狙うなら#000000のほうですかね。

返信

Wikipediaより、『お歯黒』


主成分は鉄漿水(かねみず)と呼ばれる酢酸に鉄を溶かした茶褐色・悪臭の溶液で、これに五倍子粉(ふしこ)と呼ばれる、タンニンを多く含む粉を混ぜて非水溶性にする。主成分は、酢酸第一鉄でそれがタンニン酸と結合して黒くなる。歯を被膜することによる虫歯予防や、成分がエナメル質に浸透することにより浸食に強くなる、などの実用的効果もあったとされる。

(中略)

歴史研究家や歯科技師から成る民間団体「香登お歯黒研究会」によって、往年の成分に近いお歯黒「ぬれツバメ」が製造販売されている。


エナメル質に浸透、って、入れ墨並みの覚悟が必要な気がします。ごめんなさい、無理です。

人類で初めて納豆やくさやを食った人もそうですが、この臭い液体を歯につけようなんて考えた人も相当だと思う。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

辞められないから仕方が無い。

返信

 7時半に出社して、23時退社。12時間過ぎたあたりから、脳裏で蟹工船とか野麦峠とかいう言葉が過りだします。


 こんだけ違法に働いていても「まだうちの会社はブラックの域には達していない、グレー位だよな」という認識なのですが、以前は#7F7F7F程度だったのが最近は#404040あたりにまで濃くなってきた気がします。


今日は職場の後輩が面白いことを言いまして、


「分身の術が使えたら仕事が楽になるけど、分身を解除して一人に戻った時に、それぞれが蓄積した疲労が自分一人に伸し掛かるから多分やらない方が賢明ですよね」


だそうです。やる気だったんですかね、分身。


 ところで、過酷な労働に拘束されるのが『ブラック』なら、就職経験の無いニートはやっぱ『スーパーホワイト』ですかね?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: ようやくめんまをお迎え出来ると思いローソンへ逝ったらloppiがメンテ中 だったというこの仕打ち

そっと出し

返信
4kemcfdq


ローソンはポンタカードの会員だと店舗でWifi使えるのがいいと思います。

某わかばのせいでAmazonでアレが買えなくなった為、

エルパカBOOKSで作ったカードが役に立っているとか、決してそういうわけでは...

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

のぼうの城、観てきた。

返信

毎度役に立たない感想を述べます。


期待し過ぎた。うん。予告編とかPVとかがさ、すごく娯楽大作的な雰囲気出してたじゃん。

なんかね、笑える部分は予告編のカットのところで全部です。それぞれ、ちょっと「クスッ」ってなるくらい。

封切り初日で場内は中・後列が満席だったんですが、上映中も笑いが起こるようなことはありませんでした。

基本、史実に沿って戦闘が再現され、集結するまでの話です(個々のシーンには脚色が施されていますが)。

とくに泣けるわけでもなく。どうなんだ、これ。


主人公ののぼうも、あまり葛藤したり思案したりする場面がなかったので、終始浮き足立った印象でした。

人間的な深みが感じられなかったため、ただの陽気なおっさんで終わってしまった気がします。残念。


良い映画って、上映後シアターから退場するときに、周囲のカップルや友だち連れなど、

複数人できている人たちが歩きながら、さっき観たばかりの映画について色々と話しだすので

そういうところでも反応がわかるじゃないですか・・・・なんかね、お通夜でした。


たぶん予告編を観て、寅さんとか釣りバカとかイメージして、笑いを求めて観に来た人は少なくないと思うんです。

年配の方もたくさん観に来ていらっしゃいましたし。そういう意味でギルティ。


来週はねらわれた学園が封切りなんですが、最近アタリが無いのでなんかもう映画館行く足が重い・・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: そろそろ小用の穴を前側につけてほしい。

とりあえず、「スケベ椅子って言え」って言われた気がした。

返信

購入より3ヶ月チョイ、適度に汚れてまいりました。


朝顔の(ry

ハミしょんは男のSAGA、自分もハミしょんガード機能は欲しいです。

和式だとその点ハミしょんしないので、あれはあれで良い物なんだと思います。


もっと根本的な構造改革があってもいいような気がする。コンペとか開いたらどうだろう。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re:

薦め人参上

返信

まぁ、もしドラや1Q84みたいなもんで、世間話をするときに共通の話題の接点が増えますよ、ぐらいで。

あ、今はタレーランが旬らしいですよ。(読中)


以下、徹底的に蛇足。

先日、昼時、混雑中のラーメン屋でカウンター席に座ったら、隣の席が年配主婦二人組。

世間話してるんですけど、これが声がデカイはマシンガントークだわ、

しかも話の内容が恐ろしくくだらないわ(まぁ、これは主観の問題だけど)で、超げんなり。

あとから席についた自分がオーダーしてしばらくしてから、

「そういえばアタシたち、しゃべってばっかりでまだ注文してなかったわね」とか言い出す始末。

お昼時で超混み混みの状況ですよ。もう、アタマおかしいのかと。


こんなひとたちが現実の女性の代表ってわけではないですが、

女性って概ね複数人が連帯する状況になると、断然魅力なくなりますよね。(あくまで個人的な、勝手な言い草)

職場のオバチャン連中や若手女子なども茶飲み時間になると(いや、時間外でも)基本、ものすごくやかましい。

賑やかなのがいい、という男性もいるでしょうが自分はダメだ・・・心のなかで「勘弁してくれぇ・・・」って呟いてしまう。


ビブリアの栞子さんやタレーランの美星バリスタじゃないですけど、

女性は物腰穏やかで、『ピン』『ボッチ』スタンスの時に絵になる人ほうがカッコイイし、惚れる。


とはいえ、自分も女に生まれたら多分、恐ろしくかしましい人間だったろうとは思う。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

電撃殺虫灯が虫を引き寄せるような、おっさんホイホイ効果

返信

ここ数日でパンスト手当のアフィバナー、増えまくってね?

最初、『ATSUGI』なのかと思った。いや、もじってるんでしょうけど。

少しでも脚フェチの素養があれば目が行くよね、アレ・・・・え、自分だけですか?


リンク先のサイト、タイツページの方の全身シルエットはかっこいいし美脚ステキなのですが、

パンストページのほうは、なんでどれも中国雑技団みたいなポーズなの?


サイト内にモデルさんの紹介があるんですが、特徴的なご尊顔。

美人とか綺麗とかいう言葉で簡単に表現できない、なんだろう、個性的、印象的な要素があるような。

ミス・ユニバースだとか、ミス・インターナショナルとかに選ばれる人たちもそうですが、

モデルとしての素晴らしさっていうのは、男性受けとは無縁なんだと感じます。わからない世界。


さておき、自分みたいなオッサンにいくらアフィ踏ませても売り上げには・・・いや、変態が買(ry

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: あなたが湖に落としたのはこの新しいiPadですか、それとも、もっと新しい iPadですか。

>Catanは縦に長くなった電話でもできます。そう、iPhoneならね。

返信

アプリが縦長画面にネイティブ対応してないから、どのみち帯つきだけどナー。

画面のネイティブ対応・非対応は明示してほしいですよね、AppStore。

『ちょっと小さくなったやつ』が欲しいですが、その前に本丸(Mac本体)を買い換えないと・・・


>新参マカーは貶す記事を書く。古参マカーは株価がさがったところで静かに買う。

古参マカーですが、新製品のリリース・スピードに追いつけなくて途方に暮れてます。

新しかったiPad買った人は怒っていいと思う。そう、新しかったiPadならね。


アップル信者を定義し、形作っているのは当人たち以上にアンチだと思う。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

もうちょっと大きな画面でCatanやりたい、というだけの理由で

返信

以下(ry

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: 誰か差分取って女の子を抽出してくれ - livetune adding 中島 愛「Transfer」Music Video

そんなときこそ、

返信

持て余す情熱でアナログトレースですよ!

・・・背景はx3ru9xさんに発注してください。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: "レアメンタル" (レアメタルじゃないよ、レアメンタル)

J( 'ー`)し

返信

>繊細になるときは ガラス細工ようにものすごく繊細になり、

>大胆になるときは 鋼鉄の鎧をつけたモンスターのように豪放磊落(かいらく) 大胆不敵 大咆哮するようになる。


「うるせぇババアッ」って母親にだけ態度のでかい自宅警備員が、

たまに我が身を省みて『12歳の少年の夏』状態になったりするアレですか?


レアメンタムとは、"稀なる塗り薬" 。実は馬鹿につける薬。誰か俺に塗ってください。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: シャウエッセンのサイトがじわじわくる。

大きさ的に、

返信

「これ、ポークビッツのほうが良くね?」っていうメニューが多々ある。


http://www.itoham.co.jp/recipe/00001828.html


うまそう。


以前、観光施設を兼ねた農場でウインナー作りの体験をしたことがあるんですが、

腸皮の中に肉が詰め込まれてゆくときのウニョウニョとした挙動がちょっとアレっぽくて(以下ry)

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: きびだんごって鬼には効かねえのかな、と思って調べたらある意味別物だった。

実際食べたらそんなに美味くなさそうな予感

返信

黍100%団子。こそっぱそう。毒部位付きフグが流通したとか、タイムリーなニュース。


>お話をせがまれたオカンがうろ覚えのアドリブで乗り切った感あり。

もともと昔話・伝承の類は伝言ゲーム的な要素を含んでいて、

伝播の過程でいろいろとアレンジされてゆくところがまた面白いのではないでしょうか。民俗学的見地で。


で、御曹子島渡とガリバー旅行記ってすごく似てね?

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

サル、イヌ、キジで、

返信

圧倒的戦力差を覆すミッションを真剣に考えてみた。

(前提として、鬼ヶ島到着前に各動物の調教は万全を期しているものとする。)


極秘裏に上陸後、まず鬼の集落の場所を特定するためにキジを放つ。

上空からの索敵により不用意な接近を避ける。


特定後、集落を囲む森にブービートラップを多数仕掛ける。


数の優位性のまえに単独では全く勝算がないので、敵を撃つには焼き討ちが効率的と思われる。

夜、寝静まった頃、集落の風上から火を放つ。散り散りに逃げ惑う鬼たちがトラップにかかる。


サルには毒の吹き矢を持たせ、木々の上から逃げ惑う鬼を狙い撃ちさせる。

素早い機動力を活かして、夜闇に紛れながら執拗に攻め立てる。


完全に孤立化し身を潜める鬼を、今度はイヌの鼻を使って探し出し、

狐狩りのように追い込み闇討ちで各個撃破する。


朝日が昇る頃、未だ燻り止まぬ焼け野原で、大量の返り血を浴びた新たな鬼が誕生する。


泣く子はビネガー。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: http://zig5z7.sa.yona.la/2186

超えちゃいけないライン

返信

カードゲームとしてエロくなりすぎない加減と、それでも表現しなければならないカワイヤラシイ感覚と、

その他視認性や装飾的なデザインの美しさなど、満たさなければならない要点がてんこ盛りで難しそう。

ご紹介のサイトのデフォルメさ加減が良いような気がいたします。ゆる系。


マ○コ豆の絵柄を想像しながら、「ああ、お豆を売り買いするゲームだけにね」などと思ってしまったことは

絶対口にしちゃいけなかった気がする。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

ボーナンザの話

返信

 豆を畑で育てて、売って、金にする、という題材のカードゲームです。他プレイヤーと口頭でカード交換の取引を活発に行い、手札を素早く切り替えてゆく必要があります。面白い。(オフィシャルの日本語サイトが無かった。比較的コチラのサイトがわかりやすいかも)でも、今回の話の本題はそこじゃなくて。


 上記のサイトにもありますがゲームに慣れてくると、自然と豆の正式名称を口にするより、豆の絵柄から連想されるあだ名を呼び合うようになります。ささげは『パンチ豆』、いんげんは『ゲロ豆』、そらまめは『ウ○コ豆』、赤豆は『チ○コ豆』(股間に手をあてているので)ってな具合です。

 ご覧の通り非常に癖が強い絵柄で、正直日本人受けしないというか、ぶっちゃけ、もうチョイ顧客に媚びたほうが良いような。友人と遊んだときにもその点が話題に上がり、


「15年も前に発売され、実際こんなに面白いのに知名度がイマイチなのはやっぱり絵のせいなんでは?」と。


やっぱ日本で売るなら擬人化、美少女化が必須でしょう、と、いかにも俗物的な結論に至ったんですが・・・・



よく考えたら、ゲロ吐いてたりウ○コしてたりマ○コ隠してるカードゲームなんて発売できるわけ無かった。

(変態紳士の国だから、逆に売れそうな気がしなくもないのが・・・・)


app store でも売ってます。暇潰しにはもってこいなので、気が向いた方は是非。


余談

app store 配信で言えば、Ticket to Rideの車掌も、相当な『売る気を問われる』絵だと思う。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.